最大限度額について

カードローンを選ぶ際には、最大限度額についても注目しましょう。最大限度額とは、一度にいくらまで借りられるのかということです。金融機関によって異なりますが、たとえばご自分では安定した収入のない主婦の方などであれば、限度額が30万円程度となっていることが多いです。また、消費者金融からカードローンでお金を借りたい場合は、「総量規制」という規制があるので、金融機関が提示する限度額よりもあなた自身が借りられる限度額が低いという場合があります。

総量規制とは、個人に過度の貸付を行わせないようにするために、個人の債務(借り入れ)の合計がその人の年収の3分の1を超えてはいけないという規制です。たとえばあるカードローンで最大限度額が800万円と提示されていても、その800万円を満額借りたければ、あなたの年収が2400万円ないと借りることができないということです。一方、銀行のカードローンであれば総量規制を受けませんので、年収を超える額の借り入れも場合によっては可能です。

もちろん、最大限度額まで借りることができるとしても、返済できなければ大変です。借りる金額の年収に対する割合が少なければ少ないほど、無理なく返済できるでしょうから、カードローンで融資してもらう場合はよく考えてから借りましょう。

金利手数料の基準

カードローンを選ぶ際には、金利手数料に注意しながら選びましょう。カードローンの金利とは、1年借りたときに借りた額(元金)に対してどれだけの割合を上乗せして返さないといけないかを示しています。カードローンの場合、年利が日割りでかかってきます。

このようなカードローンの金利は、各金融機関が独自に決定しているわけではありません。「利息制限法」という法律で定められた上限金利の範囲内で設定されています。元本が10万円未満の場合は上限が年20%、元本が10万円以上百万円未満の場合は上限が年18%、元本が百万円円以上の場合は上限が年15%と定められています。これらを超える金利がもし提示されていても、それは法律上無効とされます。カードローンを選ぶ際には金利の低いところを選ぶとお得です。また、最近では無利息期間を設けている金融機関もありますので、「確実に返せる見込みがあるけれども、今は手元にお金が無くて、どうしても今すぐ現金がいる」というような方はぜひ、無利息期間のある金融機関からカードローンでお金を融資してもらい、無利息期間内に返しましょう。

なお、銀行などの窓口でローンを組む場合は、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどと、目的によって金利が異なる場合がありますが、カードローンの場合はあなたがどのような目的でお金を融資してもらいたいとしても、金利はローン会社ごとに一定ですので注意しましょう。

カードローンの手続き

お金を借りるならカードローン、とイメージされる方は多いと思います。ですが、カードローンとは何なのか、一度整理してみませんか。カードローンとは、銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りることができるものですが、特徴としては、無担保で借りることができることと、分割で返済しても良いということが挙げられます。カードローンの「カード」とは何かというと、 ローン用のカードのことです。キャッシュカードと同じような見た目の、ローン専用カードを持って、ATMなどでお金を借りることができます。

カードローンの手続きについてご説明します。まずは申し込みをします。最近はインターネット上で申し込みができる金融機関が増えてきました。他には、郵送やFAXで申込書を送る方法もあります。申し込みをしたら、金融機関の審査結果を待ちます。審査基準などは金融機関によって異なりますが、過去に債務整理をしていたり滞納したことがあったりすると審査に通らないということがありますので注意してください。審査に合格したら契約ができます。必要書類を郵送したり写メールで送ったりすることで契約が完了し、お金を借りることができるようになります。

カードローンの中には、無利息期間を謳っているところもあります。すぐに借りられるので嬉しいと感じるかもしれませんが、たくさん借りることができる方でも、必要なときに必要な額だけ借りて、早めに返すようにすると、必要以上に利息を払わずに済むので、このような使い方がおすすめです。カードローンは上手に利用しましょう。