金利手数料の基準

カードローンを選ぶ際には、金利手数料に注意しながら選びましょう。カードローンの金利とは、1年借りたときに借りた額(元金)に対してどれだけの割合を上乗せして返さないといけないかを示しています。カードローンの場合、年利が日割りでかかってきます。

このようなカードローンの金利は、各金融機関が独自に決定しているわけではありません。「利息制限法」という法律で定められた上限金利の範囲内で設定されています。元本が10万円未満の場合は上限が年20%、元本が10万円以上百万円未満の場合は上限が年18%、元本が百万円円以上の場合は上限が年15%と定められています。これらを超える金利がもし提示されていても、それは法律上無効とされます。カードローンを選ぶ際には金利の低いところを選ぶとお得です。また、最近では無利息期間を設けている金融機関もありますので、「確実に返せる見込みがあるけれども、今は手元にお金が無くて、どうしても今すぐ現金がいる」というような方はぜひ、無利息期間のある金融機関からカードローンでお金を融資してもらい、無利息期間内に返しましょう。

なお、銀行などの窓口でローンを組む場合は、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどと、目的によって金利が異なる場合がありますが、カードローンの場合はあなたがどのような目的でお金を融資してもらいたいとしても、金利はローン会社ごとに一定ですので注意しましょう。